STORY

各話あらすじ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 第7話
    鋼人攻略戦準備
      PREV NEXT

      寺田刑事が鋼人七瀬に殺された。
      ネットではついに鋼人七瀬が殺人を犯したという話題が飛び交う。
      琴子は九郎と話すうちに、事件の黒幕の存在を確信する。
      このままでは新たな犠牲者が出るかもしれないと考えた琴子たちは、今夜のうちに鋼人七瀬を倒すことを決意する。

      脚本:高木 登 コンテ:後藤圭二 演出:山内東生雄 作画監督:松本健太郎、若月愛子

    • 第6話
      合理的な虚構
        PREV NEXT

        鋼人七瀬がまとめサイトから生まれた怪異であると気付いた琴子。
        人々の想像力によって不死身の存在を保つ鋼人七瀬を攻略するには、本物の怪異を越える物語を構築するしかない。
        鋼人七瀬に立ち向かうため、琴子は紗季に協力を求める。
        七瀬かりんが死亡した現場を訪れた一行は彼女を目撃したという幽霊と出会い……。

        脚本:柳井祥緒 コンテ:小川治人 演出:菅原静貴 作画監督:山川拓己

      • 第5話
        想像力の怪物
          PREV NEXT

          鋼人七瀬と闘う男を見つけた琴子。
          近づいてみると、それは苦戦を強いられている九郎だった。
          そこへやって来た紗季と話すうちに、琴子は九郎から聞いた幼いころの奇怪な体験の話を思い出す。
          鋼人七瀬は普通の怪異ではなく、倒すには別の方法が必要だと気付いた琴子は……。

          脚本:吉永亜矢 コンテ:小川治人 演出:吉田りさこ 作画監督:松本健太郎、若月愛子

           

        • 第4話
          アイドルは鉄骨に死す
            PREV NEXT

            鋼人七瀬の事件を解決するため真倉坂市に駆けつけた琴子は、警察官となった紗季と出会った。
            鋼人七瀬について調べた紗季は、その元となるアイドル・七瀬かりんが謎の死を遂げていると知る。
            鋼人七瀬を倒すには、七瀬かりんの死について詳しい事情を知らなければならないが……。

            脚本:高木 登 コンテ:後藤圭二 演出:山内東生雄 作画監督:山川拓己

          • 第3話
            鋼人の噂
              PREV NEXT

              犯人が沼に死体を投げ込んだ本当の理由を問われた琴子は、自身の推理を語り始める。
              それは大蛇ですらも恐れ慄く、谷尾葵の恋と後悔の物語だった。
              時は流れ二年半後、真倉坂市では通り魔被害が多発していた。
              その犯人は元アイドルの亡霊・鋼人七瀬だと、まことしやかに噂されており……!!

              脚本:吉永亜矢、高木 登 コンテ:森下柊聖 演出:菅原静貴 作画監督:松本健太郎

            • 第2話
              ヌシの大蛇は聞いていた
                PREV NEXT

                山奥の築奈沼のヌシである大蛇から、琴子の元に相談が届く。
                殺人事件の犯人・谷尾葵が沼に死体を捨てたのだが、大蛇には納得がいかないことがあるという。
                九郎の“力”について聞いた琴子は、今晩一緒に山奥まで来て欲しいと頼み込む。
                しかし、九郎は琴子の付き添いを、とある理由で断り……。

                脚本:吉永亜矢 コンテ・演出:後藤圭二 作画監督:山川拓己、本多孝敏

              • 第1話
                一眼一足
                  PREV NEXT

                  岩永琴子は、病院で偶然出会った桜川九郎に一目惚れした。
                  それから二年後、機会を伺っていた琴子は、結婚を前提に付き合わないかと九郎に提案する。
                  元カノ・紗季と別れた話を語り始めた九郎に、自身の“正体”を明かす琴子。
                  そんな中、琴子の元に化け狸が現れ、図書館の結界が破られたと告げて……!?。

                  脚本:高木 登 コンテ・演出:後藤圭二 作画監督:本多孝敏

                CLOSE